胸を小さくしたい人がやってはいけないこと3つ

胸を小さくしたい!といろいろ試している方も多いと思いますが、
そんな中で注意したい「胸を小さくしたい人がやってはいけないこと」があるのでご紹介します。

胸を小さくしたい人がやってはいけないこと

①無理なダイエット

胸は大部分が脂肪でできているので、確かにダイエットをすれば胸の脂肪も落ち、バストダウンができます。

 

しかし、無理なダイエットは絶対にやめましょう
無理な食事制限などをしてしまうと栄養が不足し、当然胸にも必要な栄養が行き届きません。すると体はもちろん、胸も健康でなくなってしまいまい、垂れや形くずれ、ハリの不足や潤い不足などの原因にも・・・。

 

胸が小さくなっても、垂れてしまったりハリや潤いがなくなってしまっては悲しいですよね。
形がよく、キレイなバストを目指すために、無理なダイエットは避けましょう。

 

②胸を強くマッサージする

胸を小さくするためにマッサージもオススメです。

胸を小さくするためのマッサージはこちら

 

ここで注意したいのが、優しくマッサージをするということです。
胸は非常にデリケートな部分です。刺激を与えすぎないよう、力入れずに優しくマッサージすることが大切です。

強い力を加えてしまうとバストを支えるクーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因にもなるので絶対にやめましょう!

 

③うつぶせ寝

寝るときに注意したいのがうつぶせ寝です。
うつ伏せで寝てしまうと胸が潰されてしまい、形に影響しますし、バストの血行も悪くなります。

 

バストの形をキレイに保つためにオススメなのは「仰向け」で寝ることです。
横を向いて寝ている方も多いかもしれませんが、横向きだとどうしてもバストの脂肪が重力で片側に流れてしまうので、バストの形に影響してしまいます。

 

また、このとき「ナイトブラ」をつけるとよりバストのお肉が流れるのを防げ、効果的です。
バストの大きい方は特にナイトブラは必須でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

普段何気なくやってしまっていることが胸を大きくしたり胸の形を悪くすることにつながっているとしたら怖いですよね。

上記で紹介したことに気をつけてキレイにバストのサイズダウンを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です