男装で胸潰しはどうする?コスプレで胸を目立たせない方法いろいろ

今回は、コスプレをする方に向けて、男装する際に胸の膨らみをどうするか?についてお伝えいたします!


コスプレで男装をするときに気になるのが胸の膨らみ。
特に胸が大きいと、胸が目立ってしまうので悩みますよね。

男性キャラをやるときに必須の胸潰しグッズには、色々な方法があります。しかし胸をむやみに潰そうとしてしまうと胸の形が崩れたりクーパー靭帯が切れる恐れがあり、胸が垂れてしまう可能性もあるので、慎重に扱わなくてはなりません。胸を大事にしつつ、男装も楽しむにはどうしたら良いのでしょうか。
どんな方法が良いのか、徹底検証してみました。
星3つで評価もつけたので参考にしてみてください。

胸潰し方法色々

ガムテープ

胸にガムテープを巻いて胸を潰すというこの方法。やり方は簡単で、キャミソールなどの肌着の上からガムテープをぐるぐると巻きつけるだけです。巻きつける際は、胸の下から巻くとうまく巻きやすいです。
ただ、ガムテープは肌荒れを起こす可能性がありますし、直接貼ると剥がす際に皮膚を傷めてしまいます。
直接素肌に貼るのは絶対にやめましょう!

確かに費用はほどんどかからないため経済的ですが、この方法はオススメしません。というのも、ガムテープは伸縮性がないので苦しくなってしまったり、汗をかいてかぶれるなどの可能性があり、体に負担がかかるのです。
キャミソールにガムテープの粘着性がくっついてしまう可能性もあります。

また、胸の大きな方の場合、ガムテープではホールド力が弱く、揺れや形くずれなども気になるところです。
安く簡単に済ませたい、男装を一回限りしかしない、という方には良いのかもしれませんが、今後何度も男装をする予定の人や、胸の大きい人は専用のバストホルダーを購入した方が良いでしょう。

難易度・・・★(コツがいる。慣れるまで大変)
安全性・・・★(ホールド力が弱く胸が揺れる。形崩れも心配)
費用の安さ・・・★★★(安い)
小さく見える度・・・★★(胸が大きい人には不向きだが、胸を潰すことができる)
オススメ度・・・★(安全面が心配。一回限りならありかも)

テーピング

スポーツ用のテーピングを胸に巻くという方法です。
テーピングは特殊な素材であり、伸縮性、通気性もあるので巻きやすく、元々肌に貼るために作られているので皮膚もかぶれにくいです。
簡単に巻けることもでき、1000円以内で購入することができるお手軽さがあります。
しかし、胸の大きな方はホールド力が弱いので心配な面もあります。

難易度・・・★★(慣れれば簡単)
安全性・・・★★(ホールド力が弱い)
費用面・・・★★★(安い)
小さく見える度・・・★★(胸の大きい人にはオススメしない)
オススメ度・・・★★(胸が揺れる、垂れる、などが心配。ガムテープよりは負担が少ない)

腰用サポーター(コルセット)

100円ショップなどで簡単に手に入る腰用サポーター。マジックテープなどで留めて固定できるタイプで、これを胸に当てて胸を潰します。
安定感が不安な場合は、腰用サポーターの上からさらしなどを巻いてさらに固定する方法もあります。

ただ、腰用サポーターは段差ができてしまい、つけているのが服の上からもわかることもあります。
自然な仕上がりを求めるならば、あまりオススメできません。

難易度・・・★(簡単にできる)
安全性・・・★★(サポート力はあるが胸の大きい人には心配)
費用面・・・★★★(安い)
小さく見える度・・・★★(うまくつけないと、サポーター部分に段差が出て違和感が出る)
オススメ度・・・★★(段差ができやすい点と、ずれやすい点が難点)

さらし

和装を着るときに使うさらしを使うという方法もあります。10m1000円くらいで購入ができます。
綿100%で肌にも優しく、特に着物のキャラの場合、見えてしまってもおかしくないのでオススメです。さらしは汗も吸ってくれるので夏も重宝します。

しかし、自分で巻くのは慣れるまで結構難しいです。誰かに手伝ってもらえる環境であれば、さらしを検討してみるのも良いと思います。
留め方が甘いと、ずれてきてしまうこともあるので、コスプレで出かける際は安全ピンなどを携帯した方が良さそうです。

難易度・・・★★★(一人でやるのは結構大変。手伝ってもらえるならあり)
安全性・・・★★★(上手に巻けば胸をホールドできる)
費用面・・・★★(お手軽)
小さく見える度・・・★★(効果あり。巻き方次第でかなり平らに)
オススメ度・・・★★★(安全でありしっかり巻けば小さく見えるのでおすすめ)

ナベシャツ

元々はオナベの方用に作られたシャツであり、特殊構造によって胸を平ら見せることを目的に作られたシャツです。
形も、タンクトップタイプ、さらしタイプ、Tシャツタイプなど様々で、色のバリエーションも豊富です。素材も綿、ポリエステル、メッシュなどあり、着用方法はチャック式、ホック式、一体型のものなどあります。
今のナベシャツは進化していて、圧迫感の少ないものも多く出ています。いろんなタイプがあるので自分に合うものを探してみると良いでしょう。

難易度・・・★(簡単)
安全性・・・★★★(ブラのサポート力が胸の大きい人には心配)
費用面・・・★★(値段は様々、色々なタイプがある)
小さく見える度・・・★★(ペタンコにはなりにくい)
オススメ度・・・★★(胸に負担になりにくいのでおすすめ。)

和装ブラ

和装ブラは、着物や浴衣を着る時につけるブラジャーで、胸の立体感が出ないよう、胸の膨らみを潰すブラジャーです。
太いストラップがついているので着崩れしにくく、使いやすいです。
胸の大きい人でも、これを着用することでかなり目立たなくなると思います。
和服を着る際にも重宝するので、一枚持っておくと便利です。

難易度・・・★★★(簡単にできる)
安全性・・・★★★(胸のために作られたものなので安心です)
費用面・・・★(価格には幅があります)
小さく見える度・・・★★(個人差はありますが、かなり目立ちにくくなります)
オススメ度・・・★★★(胸にも負担が少なくおすすめ)

 

バストホルダー・Bホルダー

専用の胸潰しグッズを使用するのが一番良いでしょう。
胸のために作られているバストホルダーは、初心者でも着脱が簡単ですし、圧迫感が比較的少ないので使いやすく、おすすめです。
キャミソールタイプやタンクトップタイプ、巻きつけるタイプなど種類も様々です。
前面はあまり伸縮せず、背面が伸びる素材になっているので、あまり息苦しくないのです。ちょっときついブラジャーといった感覚です。
値段は安いものから高価なものまであります。

完全に真っ平らにするというのは難しいかもしれませんが、通常のブラジャーよりかなり胸が目立たなくなりますよ。また、胸専用なので胸の形崩れなども他の方法よりしにくく、安心です。

難易度・・・★(簡単)
安全性・・・★★★(胸のために作られたものなので安心)
費用面・・・★(値段に幅があるが、何度も着用するなら一枚あると○)
小さく見える度・・・★★(ペタンコにはなりにくい)
オススメ度・・・★★★(胸胸にも負担が少なくおすすめ)

 

その他

胸の大きい方は、胸の部分を潰しても胸がまだ目立ってしまうケースもあります。
そのようなときは、胸のすぐ下の部分にタオルなどを巻いて胸の段差を無くし、なるべく寸胴な体型にすると胸が目立ちにくいです。

まとめ

色々な方法をご紹介しました。
綺麗に胸を目立たなくできるかどうかには個人差もあるので、いろいろ試してみてしっくりくる方法を見つけてみてください。
やはりオススメは和装ブラかバストホルダーです。
胸のために作られているので安心ですし、洗濯して何度も使用できるので一枚持っておくと良いと思います。
胸を無理に潰して形を崩してしまわないよう気をつけましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です